ロゴ
HOME>口コミ>お祝いの気持ちを電報で贈ろう【結婚式場へ届けよう】

お祝いの気持ちを電報で贈ろう【結婚式場へ届けよう】

電報

結婚式にどうしても参列することができない場合、電報を贈ると良いでしょう。電話やメールで伝えるよりもお祝いの想いが伝わるため、利用者の声を元に電報利用の流れを知って活用すると良いです。

みんなの口コミ

様々な種類の電報があり選ぶのが楽しかったです。【30代|女性】

高校時代から仲の良い友達が結婚することになったのですが、離れた場所に住んでいるので、仕事の都合上どうしても結婚式には出席できませんでした。なんとかして当日に気持ちを伝えたいと考え、式場に祝電を打つことにしました。電報を送るなんて生まれて初めてのことですし、固定電話がないと送れないんじゃなかったっけとか考えてあたふたしてしまいましたが、ネットで簡単に送ることができました。ちょっとびっくりさせたい気持ちもあり、豪華なカードで演出付きのものにしましたが、想像以上にいろいろな種類があって、選ぶのもすごく楽しかったです。後日友達からメールが来て、驚いたけどありがとうと喜んでくれました。気持ちが伝わってよかったです。

ネットで容易に依頼することができた。【20代|男性】

結婚式に電報を送ることになり、スマホでネット検索したらいろいろなものが見つかりました。式場で読まれるかもしれないし、失礼なことがあったらいけないので、なんて送ればいいのかメッセージは相当悩みましたが、結局例文があったのでかなりホッとしました。ああいうちゃんとした文章は自分では考えつかないです。花を一緒に送れるものがあったのでそれにしましたが、ぬいぐるみが送れたり、バルーンが送れたり、すごくいっぱい種類があって正直びっくりでした。年齢から言ったらしばらく周りで結婚ブームに突入しそうなんで、これから電報を利用することも多くなりそうです。ただ、今回いいものを見つけたので、次からはもう迷わないで済みます。