ロゴ
HOME>特集>香典返しはカタログギフトが最適!~カタログギフトが人気の理由~

香典返しはカタログギフトが最適!~カタログギフトが人気の理由~

女性

香典返しの基本知識

香典返しは、故人へのお供えとして渡される香典に対するお返しであり、また、無事に葬儀を終えることができたことを報告し、お礼を言う意味のものでもあります。贈る時期は忌明け後であり、仏教式の場合は四十九日で、神式の場合は五十日祭か三十日祭のとき、そしてキリスト教では1ヵ月後の命日がよいとされています。金額に関しては、香典で頂いた額の3分の1から半分程度が目安であるため、香典が5000円であれば、香典返しとして2000円程度の品物を選ぶとよいと言えるでしょう。香典返しの品物としてよく選ばれているものとしては、日用品のほか、お茶・石鹸といった使いきることができるものが挙げられます。しかし最近では直接品物を贈るのではなく、カタログから選ぶことができるカタログギフトを利用するケースも増えています。

ギフト

カタログギフトを選ぶメリット

香典返しは、通常であれば自分で品物を選んで相手に贈りますが、カタログギフトであれば通常の場合とは違うメリットがあります。まず挙げられるメリットは、家族を亡くした悲しみや葬儀での疲れがある中で、遺族の負担を軽くすることができるということです。カタログギフトの場合は贈る品物を自分で選ぶ必要がなく、基本的にカタログの金額を選ぶだけで済むため、葬儀の負担軽減になります。次に挙げられるメリットは、香典返しを贈られる相手も、カタログから好きな物を選ぶことができて便利だということです。贈られる相手にはそれぞれ好みなどがあるので、全員が喜ぶような品物を選ぶことは大変だと言えますが、カタログギフトであればその心配はないでしょう。